IMG_2998_edited.jpg

小田原史談会のホームページへようこそ!

 小田原史談会は小田原の歴史を語ろう、文化を創ろうという人たちが集まって1955年(昭和30年)に発足し、半世紀を超え活動をしております。

 小田原といわれて連想するものに、小田原城、仇討ちで有名な曽我兄弟、戦国の武将北条早雲、弥次喜多の五右衛門風呂騒ぎ、薪を背負った二宮金次郎などがあり、 それぞれ人によりあるいは世代により関心が異なります。また「小田原までは江戸の内」といわれて江戸の文化がかなり色濃く残る土地柄ゆえ歴史を語る口調にも粋な風情が感じられます。

 小田原地方を中心とする郷土の歴史を学びながら、先人の歩を後世に伝え、そして今、新しい時代に合う活動を始めて「温故知新」の道を歩みはじめています。

現在会員募集中!

トピックス

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

小田原史談会史跡巡り

令和4年小田原史談会 初詣へのお誘い
 
武蔵御嶽神社(青梅市)
武蔵御嶽神社は御嶽山頂にあり、武蔵国を守ってきた天空の神社で、古くから関東の霊山として人々から信仰されてきました。またお犬様信仰としても有名です。
  行先:武蔵御嶽神社、吉川英治記念館
    実施日:令和4年1月19日(水)
  集合解散:小田原駅西口。7時15分集合  7時30分出発。 18時解散予定
  参加費:¥8,000(会員 ¥7,500)昼食代込み。当日徴収。
    募集人数:30名(最小催行人数20名)申込先着順
    申込開始:12月1日より
    申込方法:「お問合せ」からも申し込みできます。
    新型コロナ感染状況によっては、中止することがあります。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『小田原史談』267号 発刊!

コロナ禍以前に開催した小田原史談会・小田原市郷土文化館共催講座の講演録『小田原の道祖神と道祖神祭り(上)』(講師・保坂 匠氏 小田原市郷土文化館学芸員)道祖神は村の境にあって疫神などが入ってこないようするものと思っている人がたくさんいる。小田原市地域の道祖神は7割が双体型である。全国どこでも見られるわけではなく、道祖神の形も地域によって異なる。
『明治小田原の記憶(二) 小西薬局12代目当主・小西正寛』(星野和子氏  山北町文化財保護委員)老舗薬局家督相続した小西正寛は明治20年代に小峰梅園整備や小田原商業銀行の設立、『小田原案内記』の出版など小田原町振興に邁進したが若くして逝去した。

史談267.jpg
shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「片岡永左衛門日記」

震災で倒壊した家から出てきた大正10年1月から11年12月の大正編日記を読んでいます。

11月は大正10年12月から11年3月を読む。
細君と平間寺大師に初詣、警察署演武会参観。山縣有朋公が逝去し、帰京する自動車を役場前で高張提灯を燈し町長や議員等と奉送する。山田氏淘席や岩間先生来着淘席に出席。小峰公園の梅樹減少し往年の観にあらず。蜜柑相場少し上騰で貯蔵を本日より出荷する。暖気で貯蔵蜜柑腐食の為出荷多く東京相場大幅下落。社会主義者加藤一夫等主催の書画展覧会に巡査多数出張し入場者氏名を聴取。増上寺で亡父母の回向。逓信博物館特別展覧会に小田原問屋場仕形他7点貸与す。西村氏旧宅の老藤を保勝会に寄付され御用邸傍町有地に移植。山王で出火強風により家屋68焼失。

202107home3_edited.jpg

「片岡永左衛門日記を読もう会」は毎月第2月曜日13時よりUMECOで実施しています。お試し聴講、歓迎! 
 参加希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。

 

 「片岡永左衛門日記」についてはこちらをご覧ください。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「片岡日記を歩こう会」

「片岡日記を歩こう会」は片岡永左衛門さんが日記で記す場所に私達も行って、歩こう、という会です。

9月は「東海道分間延絵図で歩く小田原城下」です。 
小田原府内から江戸口東側酒匂川までの史跡を巡る。
慶応3年薩摩藩邸焼討事件の3人の浪士の墓について大乗寺ご住職の話をお聞きした。小田原城大外郭土塁(米軍機爆弾着弾跡)、篠曲輪跡などを巡り、徳川陣場跡の柳川氏宅でご当主の話をお聞きして陣場跡土塁と東照宮を拝観見学する。

この「歩こう会」をクリックすると「片岡日記を歩こう会」のページをご覧になれます。

参加希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。

202110歩く会.jpg
shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「小田原おしゃべり倶楽部」

11月は「鎌倉幕府成立に多大な貢献をした中村一族の謎」です。
土肥実平(中村宗平次男)を始め中村一族は鎌倉幕府設立に貢献した。頼朝の旗揚げ以前の中村氏は史料が少なく、謎の多い中村氏一族のなぜについてのおしゃべり。
中村郷の初出 中村一族の出自 いつ頃どこから来たか 宗平の生年 なぜ中村郷へ来たか なぜ源義朝の家人の中村氏が保元・平治の乱に参加しなかったか 宗平が庄司を名乗った理由 宗平の居館はどこにあったか

12月は「私のルーツ1:古代編 「弓浜半島の成立と鬼伝説」」を予定しています。

この「おしゃべり倶楽部」をクリックすると「小田原おしゃべり倶楽部」のページをご覧になれます。

 小田原おしゃべり倶楽部は毎月第2金曜日15時よりUMECOで実施しています。お試し聴講、歓迎!

 聴講希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「曽我物語を追っかけよう」

「鎌倉歴史散歩」のお誘い

日  時 12月7日(火)10時集合
集合場所 鎌倉駅西口(裏口)改札外
散歩地
・寿福寺 ( 北条政子創建・源義朝旧邸跡 ) ・鶴岡八幡宮 ・大倉幕府跡 ・頼朝の墓
・永福寺跡 (頼朝建立) ・杉本寺 (鎌倉最古の寺) ・宝戒寺 (北条執権邸跡)
・切腹やぐら (鎌倉幕府終焉の地) ・妙本寺 (比企一族館跡・墓) 等
参加費 無料。
注意事項
・途中で昼食を取りますので、お弁当を持参下さい。
・雨天の場合は中止と致します。
・応募者多数の場合、先着順で募集を締め切ります。
申込期限 11月30日
参加ご希望の方は「お問合せ」からもお申込みできます。
雨天の際の連絡がありますので、「お問合せ」メールには必ず連絡が取れる携帯などの電話番号を入れて下さい。

 

この「曽我物語を追っかけよう」をクリックすると「曽我物語を追っかけよう」のページをご覧になれます。

小田原史談会入会募集中

皆様の入会をお待ちしております。

○会費 一般会員 年額3千円

○入会のお申し込みは「お問合せ」からどうぞ。