IMG_2998_edited.jpg

小田原史談会のホームページへようこそ!

 小田原史談会は小田原の歴史を語ろう、文化を創ろうという人たちが集まって1955年(昭和30年)に発足し、半世紀を超え活動をしております。

 小田原といわれて連想するものに、小田原城、仇討ちで有名な曽我兄弟、戦国の武将北条早雲、弥次喜多の五右衛門風呂騒ぎ、薪を背負った二宮金次郎などがあり、 それぞれ人によりあるいは世代により関心が異なります。また「小田原までは江戸の内」といわれて江戸の文化がかなり色濃く残る土地柄ゆえ歴史を語る口調にも粋な風情が感じられます。

 小田原地方を中心とする郷土の歴史を学びながら、先人の歩を後世に伝え、そして今、新しい時代に合う活動を始めて「温故知新」の道を歩みはじめています。

現在会員募集中!

トピックス

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

2022年度小田原史談会年次総会と講演会

2022年度小田原史談会年次総会を5月7日(土)に開会。2021年度の事業報告と決算報告及び2022年度事業計画と予算書を審議・承認。

総会講演会
「相模湾からみた人類の歴史」 講演・杉山浩平氏(東京大学総合文化研究科特任研究員)
黒潮の流れなど海に関する「知」を有した人々の航海により、先史時代では遠距離交易や文化の伝播が行われた。弥生時代では前期と中期の2度にわたり、伊勢湾西岸の地域の人々による海を介した広域に広がる交流が行われた。その結果、小田原市中里に弥生のムラがつくられ、相模湾沿岸地域は関東地方の弥生文化の起点となった。

「こちら」をクリックすると〔講演会・セミナー〕のページの〔講演会〕をご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『小田原史談』269号 発刊

北原白秋は大正8年から15年まで8年間小田原に住んでいた間、多くの童謡を創作している。また白秋の重要な詩集や歌集が世に出た。荒河純さんはその一つ長編散文詩集「雀の生活」が出来た背景や人間模様について論じている。
小田原市立図書館に眠る貴重なポスターを星野和子さんが今回は昭和22年から25年の終戦後の教育委員会選挙の講演会、こども文化博覧会などのポスターから当時の世相を読み解いている。
野村朋弘さんの「鎌倉時代の小田原を巡る(四)頼朝の乳母のいる荘園-早川荘」は鎌倉時代の小田原がどのような支配体制だったかについて早川荘を取上げている。

「こちら」をクリックする〔会報小田原史談〕のページで会報の目録をご覧になれます。

2204HOME-shidan.jpg
shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「片岡永左衛門日記」

明治編の明治35年を読み終わり、明治36年を6月から輪読します。

明治35年10月17日~12月31日
神道や仏教の各宗派の海嘯追弔会出席。海嘯被災の両陛下両殿下御下賜金、義捐金や物品を被災者に分与し、義捐白米を三千四百人に分与した。12月31日に郡長に義捐金救助金分与の一段落を報告。
湖水事件は貴族院議員冨田辰之助氏の仲裁に任す事とし、仲裁案は一分を早川に、九分を駿東郡に流す。駿河の方は水田に多量の引水するも相模の方は多量の流水を要しなかったが近年水力事業で流水が必要になり交渉するが要領を得ず公訴となる。
拙者町長選挙委員会で町長候補者に選定されるが委員等に当選なすも就職せずと申告した。

明治36年1月1日~2月21日
海嘯罹災義捐金などお礼に県知事、警部長、横浜市助役、横浜新報社、横須賀の三氏を訪問した。
消防組出初を執行し県警部長の検閲を終り、ポンプを点検。当町消防組は組員五百九十五名ポンプ拾八台を有し二十組ある。
町長問題解決の為辞表を提出し、明日より出勤せずと申含め退出。沼津静岡伊豆方面を7日間旅行した。吉田義方が町長当選する。

2204HOME-nikki.jpg

「片岡永左衛門日記を読もう会」は月2回、毎月第2月曜日と第4月曜日の13時よりUMECOで実施しています。お試し聴講、歓迎! 
 参加希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。

 

「こちら」をクリックしますと〔片岡永左衛門日記〕のページをご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『片岡日記・昭和編』好評発売中!

 書籍名: 『片岡日記・昭和編』(A4版 254頁)
 翻刻・編集: 小田原史談会「片岡日記を読む会」
 発行; 小田原史談会 
 発行日: 2021年11月10日  
 定価: 1000円(税込1100円)

home2112.jpg
shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「片岡日記を歩こう会」

「片岡日記を歩こう会」は片岡永左衛門さんが日記で記す場所に私達も行って、歩こう、という会です。

11月は「駒ケ岳と箱根神社」です。 
「片岡日記を歩こう会」は永左衛門さんの足跡を追いかけ、紅葉の箱根神社を訪れ、万巻上人奥津城などを巡る。
駒ケ岳ロープウェイは強風により運休のため、予定していた駒ケ岳山頂には行けませんでした。

2021-12-arukou.jpg

「こちら」をクリックすると〔片岡日記を歩こう会〕のページをご覧になれます。

参加希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「小田原おしゃべり倶楽部」

 6月は「小田原市立中央図書館の地域資料」です。
図書館で扱う地域史料には県内の事柄を記した図書、寄贈された片岡家文書、有信会文書、山縣有朋文庫などの「特別集書」、家蔵古文書史料、図書館独自に収集した新聞・絵画・絵図など、文学資料、寄贈された写真などの視聴覚資料、旧町村並びに小田原市行政文書がある。
小田原市では図書館以外に地域資料・史料を扱う部署に郷土文化館、尊徳記念館などが複数あり、それぞれの部署間で史料についての情報が共有されていないこと、市民が利用しやすい環境整備が必要であること、取り壊し予定の旧市立図書館(星崎記念館)には多くの図書や地域史料が残されていることから、地域史料の保存と散逸防止のためには収蔵施設の整備が必要であることを指摘された。地域史料の利用活用について参加者でフリートーキングした後、利用者の声を図書館経営に反映させるためにも、小田原市図書館協議会委員への応募をすすめられた。
なお小田原市は郷土文化館や松永記念館などの収蔵品を画像データとして保存する「デジタルミュージアム」を令和4年度末までに開設する予定。

7月は「古文書よもやま咄し」です。
      

「こちら」をクリックすると〔小田原おしゃべり倶楽部〕のページをご覧になれます。


小田原おしゃべり倶楽部は毎月第2金曜日15時よりUMECOで実施しています。お試し聴講、歓迎! 聴講希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。 

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「鎌倉殿をめぐる人々と史跡を歩こう」

第2回は「大庭御厨」を訪れた。 
大庭御厨は伊勢神宮に寄進された藤沢市・茅ヶ崎市に広がる荘園です。大庭氏が下司職であった。大庭景親は石橋山の合戦で相模・武蔵の三千騎を引き連れて頼朝を敗走させた。その後斬首された。頼朝に従っていた大庭景義が御厨領を継承した。
景親の屋敷跡と言われる大庭神社と宗賢院―太田道灌築城と言われる大庭城趾―鵠沼郷の大庭御厨総鎮守の皇大神宮―茅ヶ崎市の懐島郷の義景館跡―源頼義によって創建された鶴嶺八幡宮―旧相模川橋脚を巡った。

画像1.jpg
大庭神社

「こちら」をクリックすると〔鎌倉殿をめぐる人々と史跡を歩こう〕のページをご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「曽我物語を追っかけよう」

「曽我物語を追っかけよう」シリーズは終了しました。代わって「鎌倉殿をめぐる人々と史跡を歩こう」シリーズが始まりました。
                     
「こちら」をクリックすると〔曽我物語を追っかけよう〕のページをご覧になれます。

小田原史談会入会募集中

皆様の入会をお待ちしております。

○会費 一般会員 年額3千円

○入会のお申し込みは「お問合せ」からどうぞ。

小田原史談会では「片岡日記を読む会」で郷土史家として活躍された片岡永左衛門氏が明治・大正・昭和と書き続けた日記のうち昭和元年~昭和9年の翻刻を進め、「片岡日記 昭和編」を発行しました。現在好評発売中です。
小田原市内の平井書店・有隣堂ラスカ小田原店・伊勢治書店ダイナシティウェスト店で販売中。
また、この小田原史談会ホームページからもご注文できます。
お問合せ」に、「『片岡日記』本を注文します」と明記して氏名・郵便番号・住所・電話番号を記載して送信してください。
なお郵送&振込の場合、送料+振込手数料が別途かかります。

会員の皆様には格安で頒布していますので、「お問合せ」に「『片岡日記』本を注文します」と併せて「会員」と明記の上申し込んで下さい。(会報「小田原史談」令和4年1月号もご覧ください。)