top of page
IMG_2998_edited.jpg

小田原史談会のホームページへようこそ!

 小田原史談会は小田原の歴史を語ろう、文化を創ろうという人たちが集まって1955年(昭和30年)に発足し、半世紀を超え活動をしております。

 小田原といわれて連想するものに、小田原城、仇討ちで有名な曽我兄弟、戦国の武将北条早雲、弥次喜多の五右衛門風呂騒ぎ、薪を背負った二宮金次郎などがあり、 それぞれ人によりあるいは世代により関心が異なります。また「小田原までは江戸の内」といわれて江戸の文化がかなり色濃く残る土地柄ゆえ歴史を語る口調にも粋な風情が感じられます。

 小田原地方を中心とする郷土の歴史を学びながら、先人の歩を後世に伝え、そして今、新しい時代に合う活動を始めて「温故知新」の道を歩みはじめています。

小田原史談会入会募集中

皆様の入会をお待ちしております。

○会費 一般会員 年額3千円

○入会のお申し込みは「お問合せ」からどうぞ。

〇史談会では次のような活動しています。

・会員には年に4回発行する会報を配布しています。

・会員参加の史跡巡りと初詣バスツアー、講演会・セミナー、輪読会など

トピックス

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

令和6年度小田原史談会年次総会および講演会

 令和6年度小田原史談会年次総会を5月18日におだわら市民交流センター(UMECO)で開催した。
1.令和5年度事業報告の特記事項
 (1)関東大震災100周年事業を行った
 ・拓本集団「星の組」を立上げ、震災記念碑の拓本採取
 ・「関東大震災の記憶展」UMECOで9日間開催。600人来場
 ・セミナー「百年前の被害を伝えたい」、講演「関東大震災に学ぶ科学と知恵」
 ・総務省主催「防災こくたい2023」神奈川大会に参加し、小田原史談会の震災伝承活動を紹介
 (2)会報発行・講演会・セミナー・講座・バスツアー研修会などの実施
 ・小田原おしゃべり倶楽部を11回開催
 ・片岡日記明治編解読輪読毎月2回開催
 ・古典講座 「源氏物語ことはじめ」など3件7回開催
 ・総会講演会「異なる視点から見る小田原合戦」
 ・「高田掬泉日記」出版
2.令和6年度総会講演会
 演題:「小田原藩の二宮尊徳登用と仕法畳置」
 講師:松尾 公就氏(立正大学非常勤講師)
 概要:大久保忠真の表彰と二宮尊徳の登用。天保飢饉と小田原仕法の着手。小田原仕法の「畳置」とその後について話された。

202403-HOME1.png

こちら」をクリックすると〔講演会・セミナー〕のページの〔講演会〕をご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『小田原史談』277号 発刊

 「関東大震災に学ぶ科学と知恵―「関東地震は繰り返す」―」は神奈川県温泉地学研究所を見学した時の主任研究員本多亮さんの講演録です。大正関東地震はどんな地震であるか観測データや発生メカニズム、マグニチュードを、関東地震は200年又は400年周期で繰り返していること、小田原地震との関連など科学的知見に基づいて話された。
 「小田原ご当地物語り 青物町『うちは青物町の熊沢屋です』」は野澤俊男さんのお話です。始まりは江戸時代1700年代に柳川村(現秦野市)から小田原に出て木綿の織物(太物)を商売した。秦野などに同業者が出て、明治初めに物指を商売したが同業者が増え、箱根物産・土産物漆器の卸を始めた。北海道から海外まで取引先があった。映画館「復興館」を経営。時代の変化に応じて商売が変遷した。戦後、国際劇場ができてから青物町・一丁田町・台宿町を合わせて国際通りといって商家が軒を並べる大繁華街だった。
 

「こちら」をクリックする〔会報小田原史談〕のページで会報の目録をご覧になれます。

 阿部美知代さんの「『伊曾保物語』を読んでみよう」は小田原史談会・古典講座の紹介です。伊曾保とはイソップに漢字をあてた表記で、日本には16世紀後半の織田信長・豊臣秀吉の時代に伝来し、ガラシャ夫人も読んでいたとのこと。
 「小田原町立小田原高等女学校『地震・火災罹災記事録』」は当時の峯堅雅校長の関東大震災発生の9月1日から19日までの生々しい罹災記事録を原文のまま山口隆夫さんが翻刻したものです。星野和子さんが記録者峯堅雅校長や資料の見どころについて解説している。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「片岡永左衛門日記」

明治45年2月27日~明治45年8月5日のトピックス

 明治45年2月27日 小田原町水道布設は十数年前より懸案であるが、工費が多額で進まなかったが、今井廣之助氏町長に就職し水道布設調査を着手すると、延期派は町民大会を開き反対したが、町議会は水道布設と政府に工事費低利資金貸下げ出願を可決し、延期派は反対運動を続けた。内務省は町政不整理を口実に低利資金貸下げを不許可したので、町会議員は辞表を提出した。岩田現町長は調停委員を任命し議員に留任を勧告した。調停委員の勧告により無条件にて留任を応諾した。3月21日 町会議員辞職の件は過般の留任応諾にて一段落なるが、其原因たる水道急設派と延期派との和解は未決であったが、水道出願の件は低利資金賃下不許可に付き、原因が殆と消滅の為め円満に解決し本日懇親会の催しとなり、歓待け受甚面目を施せり。

3月26日 町立小田原高等女学校開校式ニ出席ス。本校ハ拙者ノ首唱ニ依リ町長代理在職中ナル明治三十五年七月廿三日町会ニ於テ後来ハ高等女学ト為スノ目的ニテ女子裁縫補修科トシテ開設ヲ決議ス。

4月3日 新名裁縫学校卒業式に招待有り出席す。生徒も三、四十名有り。未亡人の独力による。心労に於も推察せらる。

7月20日 新聞ノ号外配達アリ。陛下之御重患ヲ記載ス驚愕之至ニ不堪。聖上陛下ニハ去十四日ヨリ御腸胃ニ少シク御故障アラセラレ、十五日ヨリ少シク御嗜眼ノ傾キアリ。22日 陛下御大患ニ付、松原神社並ニ浄土宗ハ善光寺ニ於テ御平癒之祈願執行セリ。午後陛下御経過御良好之新聞号外到達ス。 28日 午前三時起床水浴シ、妻まつ・二女廣子打連れ松原神社ニ参詣。願文ニ替和歌二首ヲ神前ニ奉リ。陛下御平癒ヲ祈願ス。本日ヨリ諸興行モ休止、御遠慮ス。 30日 聖上陛下午前〇時四十三分崩御アラセラレタリ。早速に床の間ニ遥拝所を設け香を焚き、家内一同にて拝礼ス。 31日 本日ヨリ五日間黒布ヲ付シ国旗ヲ掲ク。郡役所ニ出頭ス。郡長ハ弔詞ヲ受ケ、机上ニ備アル二折ノ奉書ニ各自記名セシム。是ハ郡長ヨリ直ニ宮内大臣ニ執達セラルゝ趣キナリ。官報号外ニ四十五年七月三十日以後ヲ改メ大正トナスノ詔書ヲ掲ク。

8月1日 子供ノ土産ニ望ノ有無ヲ聞合来リシニ龍夫ニ空気銃、幸子ニ西洋傘ヲト注文ノ手紙差出シタルヲ帰宅後聞ク。是ハ前々ヨリ龍夫ノ希望ナリシモ、自家ノ出来得ルニ任セ高価ノ玩具ヲ持テハ、他ノ求メ兼ル家ノ子供ハ羨望シ其親ノ身ニ成テハ辛キコトナル可ク、他ヲ羨望セシタルハ因果応報ノ理ヨリ返テ龍夫ノ為ナラスト申聞、

「こちら」をクリックしますと〔片岡永左衛門日記〕のページをご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「小田原おしゃべり倶楽部」

 6月は鳥越銑之助さんの「幕末の小田原藩の風景 ~ある下級武士の生涯を通して~」です。

 代官手代して仕えた下級武士の生涯を通じて幕末の小田原藩を捉えたお話です。番帳入りの中級武士の三男として生まれ、番帳外の下級武士の家に養子となり、代官手代として西筋御厨領や中筋、東筋そして平塚・大磯宿を担当した。小田原藩の大磯・平塚駅逓掛りとして幕末・維新を迎え、この間の活躍により番帳入りを果たし、廃藩置県の小田原県で権少属租税・駅逓掛りとなったご先祖の岡部与助の生涯を鳥越さんは御殿場市史、小田原市史、南足柄市史、平塚市史、大磯町史資料、二宮尊徳全集を丹念に追い長期間掛けて調査した。

2204HOME-nikki.jpg

 

「こちら」をクリックすると〔小田原おしゃべり倶楽部〕のページをご覧になれます。

小田原おしゃべり倶楽部は毎月第2金曜日15時よりUMECOで実施しています。お試し聴講、歓迎! 聴講希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。 

次回7月は下記のように予定しています。

*話題: 「伊能忠敬測量隊の小田原―湯河原間の足跡と 測量技術の今昔」

*提供: (湯河原観光ボランティア顧問)加藤雅喜さん ほか

*日時:2024年7月12日(金)15:00~16:30

*場所:小田原市民交流センター UMECO 第7会議室

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

小田原〇っと近たび 「かんなみ仏の里を堪能しよう」

 5月29日、総勢18名で東海道線の函南駅から「仏の里」桑原地区をめぐるハイキングに出発した。

 平安時代に箱根神社建立の万巻上人の菩提寺として建立された新光寺が廃寺後、明治33年里人により薬師堂が建立され仏様は大切に守られてきた。御堂内で昼食し、午后、2012年開館の美術館で24体の仏様を拝観した。日金街道への分岐にある七観音を参拝して、函南駅に戻った。

202403-HOME3.png
shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

小田原史談会古典講座  「源氏物語ことはじめ(源氏物語を読み解く)」

 「源氏物語ことはじめ(源氏物語を読み解く)」の古典講座
 書道の先生の指導により①「継紙」を作成し、②源氏物語の和歌を一首書写する、「継紙」・「書写」の講座を6月に2回開催しました。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

小田原史談会セミナー「小田原の豊かな海とさかなの明治時代以降の変遷」お知らせ

講師: 石戸谷 博範氏(海と定置網の研究室 農学博士)
日時: 2024年7月20日(土)午後2時~4時
場所: おだわら市民交流センター(UMECO) 第1~第3会議室
募集人数:100名(申込み先着順)
参加費:小田原史談会会員 無料。 会員以外 500円
申込み:本ホームページ「お問合せ」に下記事項をご記入して申し込み下さい。
    お名前・メールアドレス・「史談会セミナー参加希望」

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『片岡日記・大正編』発行発売中       お知らせ

2023年9月1日に関東大震災100年を迎えます。
片岡永左衛門は関東大震災で彼の大変貴重な日記を焼失しました。残る日記を「片岡日記・大正編」として発行します。その内容は震災の様子をはじめ大正時代の小田原を私たちに伝える稀有な記録です。また当時を彷彿させる豊富な写真もお楽しみいただけます。ご購入下さい。
書 籍 名: 『片岡日記・大正編』(A4版)
翻刻・編集: 小田原史談会「片岡日記を読む会」
発   行: 小田原史談会 
発   行: 2022年9月9日 
定   価: 1000円(税込1100円)

取扱い書店: 伊勢治書店ダイナシティ店・平井書店(小田原市)・高野書店(小田市)で販売中です。

この小田原史談会ホームページからもご注文できます。

お問合せ」に、「『片岡日記・大正編』本を注文します」と明記して氏名・郵便番号・住所・電話番号を記載して送信してください。

なお郵送&振込の場合、送料+振込手数料が別途かかります。

 

会員の皆様には格安で頒布していますので、「お問合せ」に「『片岡日記・大正編』本を注文します」と併せて「会員」と明記の上お申し込み下さい。(会報「小田原史談」令和4年7月号もご覧ください。)

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『片岡日記・昭和編』増刷発売中       お知らせ

「片岡日記・昭和編」は在庫がなくなり頒布を中断していましたが、ご購入のご希望があり増刷しましたので、頒布を再開しました。
「昭和編」は昭和2年1月から昭和9年末までの7年間の日記で、現在の小田原の街の姿になった関東大震災後の復興の様子などが記されています。
書 籍 名: 『片岡日記・昭和編』(A4版)
翻刻・編集: 小田原史談会「片岡日記を読む会」
発   行: 小田原史談会 
発   行: 2021年11月 
定   価: 1000円(税込1100円)

お問合せ」に、「『片岡日記・昭和編』本を注文します」と明記して氏名・郵便番号・住所・電話番号を記載して送信してください。
なお郵送&振込の場合、送料+振込手数料が別途かかります。

会員の皆様には格安で頒布していますので、「お問合せ」に「『片岡日記・昭和編』本を注文します」と併せて「会員」と明記の上お申し込み下さい。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『高田掬泉日記』発行発売中         お知らせ 

材木業を営み、郷土史家、俳人でもあり小田原史談会会長もされた高田掬泉氏の戦前~戦後の昭和の日記です。
戦争の足音が聞こえてきた昭和11年4月には「私は戦争をやって貰いたくないと思ってゐる。‥‥ファッショ支配が憂鬱なのである。」と書き、戦時下の昭和17年1月には「戦争の大義として、日本が東亜共栄圏の盟主立つことを目指す。」と書き、戦後の昭和21年5月には「私達のゆく途、日本の将来は簡単に民主主義の実現と言う希望の光リを悦ぶだけでなくこの民主主義日本の将来も連合国の枠の内の中で育つ、制限されたものであることをよく銘肝すべきだ」と記して、時代の移り変わりを伝えています。また豊富な著者の描いた俳句の色紙と写真をお楽しみいただけます。
書籍名: 『高田掬泉日記』(A4版)
翻刻・編集: 小田原史談会 松島俊樹
発行; 小田原史談会 
発行: 2024年2月  
定価: 1000円(税込1100円)

この小田原史談会ホームページからご注文できます。
お問合せ」に、「『高田掬泉日記』本を注文します」と明記して氏名・郵便番号・住所・電話番号を記載して送信してください。
なお郵送&振込の場合、送料+振込手数料が別途かかります。
 

bottom of page