top of page
IMG_2998_edited.jpg

小田原史談会のホームページへようこそ!

 小田原史談会は小田原の歴史を語ろう、文化を創ろうという人たちが集まって1955年(昭和30年)に発足し、半世紀を超え活動をしております。

 小田原といわれて連想するものに、小田原城、仇討ちで有名な曽我兄弟、戦国の武将北条早雲、弥次喜多の五右衛門風呂騒ぎ、薪を背負った二宮金次郎などがあり、 それぞれ人によりあるいは世代により関心が異なります。また「小田原までは江戸の内」といわれて江戸の文化がかなり色濃く残る土地柄ゆえ歴史を語る口調にも粋な風情が感じられます。

 小田原地方を中心とする郷土の歴史を学びながら、先人の歩を後世に伝え、そして今、新しい時代に合う活動を始めて「温故知新」の道を歩みはじめています。

現在会員募集中!

トピックス

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

令和5年度小田原史談会年次総会および講演会のお知らせ

新規更新

日時:令和5年5月13日(土)午後1時~4時
場所:市民交流センター(UMECO)
    第1~第3会議室
内容:
(1)令和5年度年次総会:午後1時~2時
(2)講 演 会 :午後2時15分~4時  
     演 題:「異なる視点からみる小田原合戦」  ―豊臣秀吉軍の各種史料の検討から―
     講 師:鳥居 和郎 氏(小田原市文化財保護委員)
*尚、新型コロナウイルスの感染状況により変更する場合があります。
*会報「小田原史談」1月号のお知らせの日時5月3日は誤植で、正しくは5月13日です。

「こちら」をクリックすると〔講演会・セミナー〕のページの〔講演会〕をご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『小田原史談』272号 発刊

新規更新

杉山浩平さんの「相模湾からみた人類の歴史(下)」は令和四年五月の総会講演会の講演録です。小田原市の中里遺跡は弥生時代中期の大きな集落で、竪穴住居群跡、独立棟持柱建物跡、関東ではあまり見られない井戸、集落を囲む溝川、墓が見つかっています。地元の土器と共に、関西、伊勢湾沿岸、東北南部、北陸地方の土器、伊勢湾西岸型の黒曜石の石鏃が出土。伊勢湾沿岸の人々(海人)による海を介した往来により、黒潮とともに関東地方へ弥生文化が到来し広がったと思われます。その窓口になったのは相模湾沿岸の小田原地域です。

202210home1.jpg

志村學さんの「下堀方形居館と志村一族」は武田氏の臣であった志村氏が武田氏滅亡後足柄平野東部に移り住み造った堀と土塁に囲まれた下堀方形居館跡についてです。囲郭の隣接地に廃寺になった志村一族菩提寺の金剛峯寺跡や五輪塔墓があること、昭和前期までは囲郭内の10軒は全て志村姓であったこと、そして、志村一族と武田氏との繋がりや志村本家の所蔵文献・所蔵物について述べています。

片桐稔晴さんの「酒匂川改修工事で見せた『治水技術上の対応』」は江戸時代初期に開発された霞堤などを設けて出水を徐々に河道に戻す「関東流工法」と江戸時代中期から用いられた強固な連続堤により河川を直線化する「紀州流工法」の特徴を紹介し、田中丘隅の酒匂川改修工事における堤体保護の「弁慶枠」などの「治水工事上の対応」を論じています。

田代勉(翆舟)さんの「日本画家・近藤弘明の芸術(六)」はその幻想的な画風の心象について論考しています。

「こちら」をクリックする〔会報小田原史談〕のページで会報の目録をご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

会報「小田原史談」の注目記事の公開

今回、注目記事は令和3年11月に星野和子先生が「西さがみ文化フォーラム」で講演した、「図書館所蔵の歴史的ポスターについて」の後半部分のご紹介です。戦後間もない頃の貴重なポスターの数々も掲載されています。
楽しくしかも”一見の価値あり”な資料です。

こちらからご覧ください。

これからも随時更新する予定でおります。ご期待ください。

202210home2.png
shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

小田原史談会史跡巡り「武蔵国の高麗神社と川越まち歩き」

2022(令和4年)10月13日に新型コロナの流行で休止していた小田原史談会史跡巡りバスツアーを3年ぶりに実施した。コロナ感染防止のためバス内は飲食禁止でした。
川越では蔵造りの町並みと川越城本丸御殿を見学した。川越に蔵造りの町並みが形成される契機となったのは、明治26年の大火です。耐火建築の蔵造り建物が造られた。重厚でレトロな町並みはタイムスリップしたようです。川越城の現存している唐破風屋根の玄関のある本丸御殿を見学した。
日高市にある高句麗の王族と云われる高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)を祀っている高麗神社を参拝した。

「こちら」をクリックしますと〔史跡巡り〕のページをご覧になれます。

202210home4.jpg
shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「片岡永左衛門日記」

新規更新

明治37年12月23日~明治38年3月27日
凱旋ノ東郷大将上村中将通過ニ付歓迎ニ国府津ニ至ル。三人ノ将校遺骨ヲ各未亡人ノ持下車セラルルニ両将ハ車室ヨリ降立チ決別ノ礼セラル。
中山利喜三方桐樹ニ鷲ノ居ルヲ発見シ、西村元吉打止ル。露国ノ記章ナル鷲を元旦ニ取挫タルハ戦勝ノ吉兆ナリト大ニ喜ヒ。 両宮殿下ノ高輪御殿ニ小田原町援護会ヨリ鷲ヲ献納シ、吉兆ナリトテ、殿下ハ直ニ宮城に差上、陛下モ御満足ニ思召サレル。
乃木大将ノ旅順攻囲戦術ト二〇三高地ノ戦闘ヲ知人ヨリ伝聞。 旅順降伏祝捷ノ小学生徒ノ旗行列、全町祝捷提灯行列、イルミネーション電車ノ運転。 板橋水利事件仲裁申込協議。 戦病死者葬儀。 応招者ヲ町堺ニ、又国府津ニ送ル。 芸妓屋ハ料理店ト尖突シ休業届出ニ付警察署長ニ面会。 国府津ニ町長次男加藤少尉ノ遺骨ヲ迎フ。御用邸ヨリ三好宮内属モ同行。 
宮ノ下富士屋主人ノ外国人ヨリ聞処ニ依レハ、英米両国我国ニ同情寄セルモ、政府ハ我国カ大勝シ列国ノ均勢ノ変ルヲ恐レ平和ノ意アルト雖モ、紳商輩ニ於テハ露国ヲ東亜ヨリ駆逐セサレハ事業ヲ起シ利益ヲ得ル不能サレハ我国ヲシテ其鋒ニ当ラシメントノ意思ヨリ未タ平和ヲ望ムニ至ラストノ説有リト。
奉天・撫順占領ノ祝捷提灯行列ヲ挙行シ一同御用邸ニ参邸シ、当町出征戦病死者十三名ノ霊位ニ御備物料金賜ル。 御用邸ニ伺候シ、宮殿下初御参内ニ付御祝儀トシテ皇太子殿下ヨリ両宮殿下ニ御贈与ノ鶴ノ子餅一重ヲ役場ニ御用邸ヨリ御下賜之御礼ヲ申上タリ。 小学校生徒ノ祝捷旗行列ヲ挙行シ市中ヲ煉行キ、御用邸ニ参邸シ、遊技ヲ御覧ニ供ス。 出征家族援護会旗出来ニ付御用邸ニ持参シ、殿下御覧ニナル。
幸町壱丁目ヨリ出火シ旧補修校ニ飛火シ十一戸ヲ焼失シ鎮火。先年種々ノ苦心ヲ以テ設立シタル補修科ハ今此校舎ヲ焼失シタルハ女子教育頓挫ヲ来ササルヤト心痛ノ至リナリ。

2204HOME-nikki.jpg

「片岡永左衛門日記を読もう会」は月2回、毎月第2月曜日と第4月曜日の13時よりUMECOで実施しています。お試し聴講、歓迎! 
参加希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。

 

「こちら」をクリックしますと〔片岡永左衛門日記〕のページをご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『片岡日記・大正編』発行発売中

今年9月1日に関東大震災99年を迎えます。
片岡永左衛門は関東大震災で彼の大変貴重な日記を焼失しました。残る日記を「片岡日記・大正編」として発行します。その内容は震災の様子をはじめ大正時代の小田原を私たちに伝える稀有な記録です。また当時を彷彿させる豊富な写真もお楽しみいただけます。ご購入下さい。
書 籍 名: 『片岡日記・大正編』(A4版)
翻刻・編集: 小田原史談会「片岡日記を読む会」
発   行: 小田原史談会 
発   行: 2022年9月9日 
定   価: 1000円(税込1100円)

取扱い書店: 有隣堂ラスカ小田原店・伊勢治書店ダイナシティ店・平井書店(小田原市)・高野書店(小田市)・ミクニ書店(開成町)で販売中です。

この小田原史談会ホームページからもご注文できます。
「お問合せ」に、「『片岡日記・大正編』本を注文します」と明記して氏名・郵便番号・住所・電話番号を記載して送信してください。
なお郵送&振込の場合、送料+振込手数料が別途かかります。

会員の皆様には格安で頒布していますので、「お問合せ」に「『片岡日記』本を注文します」と併せて「会員」と明記の上お申し込み下さい。(会報「小田原史談」令和4年7月号もご覧ください。)

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

『片岡日記・昭和編』増刷発売中

「片岡日記・昭和編」は在庫がなくなり頒布を中断していましたが、ご購入のご希望があり増刷しましたので、頒布を再開しました。
「昭和編」は昭和2年1月から昭和9年末までの7年間の日記で、現在の小田原の街の姿になった関東大震災後の復興の様子などが記されています。
書 籍 名: 『片岡日記・昭和編』(A4版)
翻刻・編集: 小田原史談会「片岡日記を読む会」
発   行: 小田原史談会 
発   行: 2021年11月 
定   価: 1000円(税込1100円)

「お問合せ」に、「『片岡日記・昭和編』本を注文します」と明記して氏名・郵便番号・住所・電話番号を記載して送信してください。
なお郵送&振込の場合、送料+振込手数料が別途かかります。

会員の皆様には格安で頒布していますので、「お問合せ」に「『片岡日記・昭和編』本を注文します」と併せて「会員」と明記の上お申し込み下さい。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「小田原おしゃべり倶楽部」

 12月は「小田原分限帳の話」です。
 古文書を読む会「たこ之部屋」メンバーは未解読の「文化二年小田原御家中御分限幷御役付」を解読し、翻刻本にしました。この分限帳は小田原藩の御番帳入と御番帳外藩士の石高・役職・住所を記した家臣団名簿です。他の分限帳との比較、分限帳の内容分析により、小田原藩の役職構成、軍団編成毎に御番帳入・御番帳外藩士と組足軽が纏まって住んでいたことなどを大井さんは話された。

「小田原御家中御分限幷御役付」とウェブ検索するとオンデマンド版の翻刻本をAmazonや楽天Books、三省堂書店オンラインで購入できます。本書はオンデマンド出版ですのでネット販売のみとなっています。

また、翻刻本を監修された馬場 弘臣先生(東海大学教育開発研究センター教授)のブログもご覧になれます。

202212home1.png

 

「こちら」をクリックすると〔小田原おしゃべり倶楽部〕のページをご覧になれます。

小田原おしゃべり倶楽部は毎月第2金曜日15時よりUMECOで実施しています。お試し聴講、歓迎! 聴講希望の方は「お問合せ」から申し込みをお願いします。 

次回2月度は下記のように予定しています。

  *話 題:「北条幻庵と一節切」
  *発表者:大村学 さん
  *日時:2023年2月10日(金)15:00~16:30
  *場所:小田原市民交流センター UMECO

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「鎌倉殿をめぐる人々と史跡を歩こう」

第5回「北鎌倉から鎌倉へ散歩」は徒歩でおもに執権北条氏ゆかりの寺院をめぐりました。 
円覚寺(開基八代執権北条時宗・鎌倉五山二位・臨済宗円覚寺派大本山)
~縁切り寺の東慶寺(開基九代執権北条貞時・開山北条時宗夫人)
~浄智寺(開基北条師時・鎌倉五山四位)
~建長寺(開基五代執権北条時頼・鎌倉五山一位・臨済宗建長寺派大本山)
~亀ヶ谷坂切通し~花の寺の海蔵寺(開基鎌倉幕府六代将軍宗尊親王)
~化粧坂~源氏山・頼朝像~寿福寺(開基北条政子・鎌倉五山三位)

「こちら」をクリックすると〔鎌倉殿をめぐる人々と史跡を歩こう〕のページをご覧になれます。

「曽我物語を追っかけよう」シリーズは終了しましたが、「こちら」をクリックすると〔曽我物語を追っかけよう〕のページをご覧になれます。

shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

「小田原史談会セミナー」

 10月 は「続・小田原の道祖神と道祖神信仰」です。
 講師は小田原市文化財課 保坂匠氏。 
小田原市域では身近な民俗行事の道祖神ですが、全国的にみると関東甲信越には多くある。しかし、道祖神がほとんどない地方もある。
小田原市域は多くの種類の道祖神があり、地域ごとに道祖神の型が分布している。双体像型、僧形単座像型、石祠型、稲荷型、奇石型、文字碑型。数は双体像型が65%と多い。小田原市域のどんど焼きなどの道祖神祭り行事を紹介。

「こちら」をクリックしますと〔セミナー〕のページをご覧になれます。

phot2207home4.jpg
shidancyochin-removebg-preview_edited.pn

拓本集団「星の組」会員募集ご案内

相模地方には、まだ文字化されず、密かに眠っている金石文がかなりあると推測されます。
小田原史談会では、これらの金石文を探し、これを拓本、さらに解読するチームを立ち上げます。
この活動に参加される方を募集します。拓本に興味をお持ちの方ぜひご参加ください。
この小田原史談会HPの「お問合せ」から申し込みをお願いします。
  ・拓本「星の組」参加
  ・お名前 ・連絡先電話番号 ・メールアドレス
の記載をお願いします。

202210home7.png

小田原史談会入会募集中

皆様の入会をお待ちしております。

○会費 一般会員 年額3千円

○入会のお申し込みは「お問合せ」からどうぞ。

入会募集
bottom of page